銀行カードローンにみる特徴的な申し込み条件

銀行カードローンは、近頃では消費者金融などのカードローンと遜色ないほどスピーディーな審査を行っていますが、申込条件などに違いがある場合も見られます。その違いとは、どのようなものなのでしょうか。


<口座開設>

申し込みに「当銀行の口座を持っている」ということが条件となっている場合もあります。もちろん申し込みと同時に開設すれば済みます。また利息の面で、公共料金の引き落としや給与振込、住宅ローンの利用などがあると優遇されることもあります。商品によっては銀行カードローンを申し込んだ銀行に口座を開設する必要がないものもみられますので、申込条件などをチェックしてみましょう。


<営業区域>

銀行には営業区域というものがそれぞれにあります。全国的に展開しているメガバンクや都市銀行であれば、日本全国どこかの支店の営業区域内にあたりますが、地方銀行の場合には「県内やどこかの支店の営業区域内」に居住しているが勤務地があることを条件としているものがあります。いくら自分にとって有利な銀行カードローンであっても営業区域を条件としているのであれば、その区域外からは申し込めないということになります。申し込みの際には必ずその前に「申込条件」のチェックを行いましょう。