銀行カードローンと総量規制

お金を借りる場合の規制のひとつが総量規制です。これがあるためにどうしても借りたいとしても、規制の金額以上は借りることはできません。しかし、銀行カードローンはこの規制の外にあります。


<総量規制とは何か>

総量規制とは、借りれるお金の金額を年収の3分の1に規制する仕組みです。これは借りすぎて返済不可能になり破産してしまうといったことを防ぐための規制ですが、この規制のために借りる金額は大きく制限されてしまいます。複数の金融期間で借りてもその合計が年収の3分の1をこえることが無いように金融機関が調べるので、通常これ以上は借りることはできません。


<別枠な銀行カードローン>

しかし、銀行カードローンは総量規制に関係なく借りることができます。一方、消費者金融のカードローンは総量規制にかかってしまいます。これが銀行カードローンのメリットのひとつです。もちろん借りすぎは禁物ですし、借り入れの返済のために銀行カードローンで借りるというのは借金を増やしてしまうだけです。そうした場合はおまとめローンを利用し借り入れをひとつにまとめると返済しやすくなります。そうでない場合も多くの借り入れがある場合はよく考え計画的な返済を心がけましょう。

Comments are currently closed.