銀行カードローンの良い条件の幅広さたるや

一昔前は消費者金融カードローンなら審査や融資の借り入れで時間がかからずに早い借り入れを行うことができる。対して銀行カードローンは金利ほか条件の良い借り入れを行うことができる代わりに、審査などで多くの時間がかかってしまい借り入れに時間が取られてしまうのだというイメージがついて回っていました。
ですが今はネットの発達やスマートフォンの普及もあり、早い借り入れを行うことができるようになりました。
さらに都市銀行の中には契約機を使って、簡単に即日お金を借り入れることができる資格を手に入れることができるようになりました。


・ネットから銀行カードローンに申し込んで

最近は消費者金融も銀行もホームページからの申し込みに対応してくれるようになりました。ホームページから必要事項に記入して、申し込めばそれだけで、スマートフォンからの申し込みなら場所を選ばないで申し込みが可能になります。
その気軽な申し込みならば審査対応も早いです。即日その審査結果を教えてくれる業者も珍しくありませんから、気軽に申し込みを済ますことができるようになります。


・まさか銀行に契約機があるなんて

テレビでもコマーシャルを見かけますが、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行には、銀行内に契約機が設置されていますから、これを使って契約を結べばその場でカードローンの借り入れに利用するカードが手に入る、またはお持ちのクレジットカードにキャッシング機能を追加することができるはずです。
自動契約機は通常大手消費者金融のサービスですから、銀行カードローンの良い条件の借り入れを即日利用できるのはかなりうれしいですよね。
できれば借入れるのは消費者金融カードローンではなく銀行カードローンからと考えている方にぜひともおすすめしたいのがこの都市銀行が用意している契約機を用いた契約です。

銀行カードローンの審査について

近年では、比較的どの銀行でも即日審査をしてくれるようになっているから、本当に便利です。
銀行カードローンの審査が厳しいと言われているのは、恐らくきちんと返済できる人が基準になっているからだと思います。
また、意外にも勤続年数が原因で審査に落とされてしまっている人も、最近では多くなっているみたいですよ。
銀行カードローンの審査に通るには、安定した収入と勤続年数が求められるみたいなので、自己確認をするようにしてみて。


・銀行カードローンの限度額

よくうちの銀行は最高800万円まで借入出来ますよ、と見かけたりすることがあるかと思います。
ですが、実際にその金額をいきなり借入するという事は出来ないようになっているから、注意するようにして下さい。
銀行カードローンの利用限度額は、その人によって変わってくるものなのでその点もしっかり覚えておきましょう!
また、あまりにも利用状況が悪い場合は、限度額を減らされてしまう可能性もあるようなので、正しく使いましょう。


・返済はしっかりと

現在、銀行を利用している人は返済をしっかりすることが出来ているでしょうか?
銀行カードローンは便利なものですが、だからこそしっかり返済をしなければ自分の信用に関わってきます。
もし延滞してしまう時も、何もしないのではなくて必ず一本連絡を入れてその旨を伝えるようにすることが大事です。

銀行カードローンと総量規制

お金を借りる場合の規制のひとつが総量規制です。これがあるためにどうしても借りたいとしても、規制の金額以上は借りることはできません。しかし、銀行カードローンはこの規制の外にあります。


<総量規制とは何か>

総量規制とは、借りれるお金の金額を年収の3分の1に規制する仕組みです。これは借りすぎて返済不可能になり破産してしまうといったことを防ぐための規制ですが、この規制のために借りる金額は大きく制限されてしまいます。複数の金融期間で借りてもその合計が年収の3分の1をこえることが無いように金融機関が調べるので、通常これ以上は借りることはできません。


<別枠な銀行カードローン>

しかし、銀行カードローンは総量規制に関係なく借りることができます。一方、消費者金融のカードローンは総量規制にかかってしまいます。これが銀行カードローンのメリットのひとつです。もちろん借りすぎは禁物ですし、借り入れの返済のために銀行カードローンで借りるというのは借金を増やしてしまうだけです。そうした場合はおまとめローンを利用し借り入れをひとつにまとめると返済しやすくなります。そうでない場合も多くの借り入れがある場合はよく考え計画的な返済を心がけましょう。

楽天から出ている新しい銀行カードローンを紹介!

楽天銀行のカードローンは、銀行カードローンの標準的なスペックを持ちながら、利用する毎に同じ系列で使用できるポイントが貯まっていくという新しい金融商品です。
楽天といえば、今やAmazonと並んでネットショッピングの最大手です。
同じ金融商品ではクレジットカードの「楽天カード」が有名で、「楽天カードマーン!8秒に1人!」というCMは記憶に新しいですね。
そんな大きな会社から出たカードローンがどのようなスペックを持っているのかご説明いたします。


・銀行カードローン+ポイントという新しさ

ポイントを取り入れているキャッシング会社はノーローンなどがありますが、楽天銀行カードローンのすごいところは、ポイントの還元率です。
なんと、1ポイント1円でネットショッピングができます。
入会時の特典が1,000ポイントで、翌月の借入残高次第では最大30,000ポイントももらうことができます。
その他のスペックは、利用限度額500万円、金利4.9%から14.5%、300万円までの借り入れなら収入証明が不要といった標準的な銀行カードローンです。
メガバンクとほとんど変わらないのに、ポイントまで付いてくるのは圧巻の一言です。


・アルバイトの方でも利用可能!

こんなに便利な銀行カードローンが、アルバイトの方でも利用可能なのです。
アルバイトの方でも負担が軽くなるように、年会費や入会金はもちろん0円です。
時代の流れや若者に合わせて、インターネットからだけではなく、コンビニのATMからでも取引をすることができるのも良いところです。
これだけ大きな会社ですから、提携先も多く、使う場所に困ることはほとんどありません。
お得に銀行カードローンを活用したいのであれば、楽天銀行は外せないですね!

アルバイトでも銀行カードローンを使いたい

一般的な銀行カードローンの審査では、年収や勤務体系などよりも、現在働いており、継続して安定した収入があるかどうかを見られることになります。
ですから、年齢基準を満たしており、現在安定した年収がある方はぜひ申し込んで利用していただきたいです。銀行カードローンは正社員のためだけにあるものではありません。
条件を満たせば、アルバイトの方でも利用できるのが、カードローンの特徴です。


銀行カードローンの審査に申し込もう

カードローンの利用前には必ず審査があります。消費者金融系のカードローンの場合なら、審査基準はやさしいと言われています。即日審査など、早い審査に定評があるのも消費者金融のものが多いです。
銀行のカードローンは金利が低く、総量規制の対象外であることもあり、審査が少し厳しくなっています。
事前にWEB上で仮の審査が受けられるとこもあるので利用しましょう。


年収が見られることも

銀行の中には、継続した収入があるかどうかだけでなく、年収の額を審査で見られる銀行もあります。そもそも年収がその基準に満ちていないとカードローンを利用することができません。あらかじめ利用する前にその基準を公式サイトなどでチェックしましょう。

銀行カードローンにみる特徴的な申し込み条件

銀行カードローンは、近頃では消費者金融などのカードローンと遜色ないほどスピーディーな審査を行っていますが、申込条件などに違いがある場合も見られます。その違いとは、どのようなものなのでしょうか。


<口座開設>

申し込みに「当銀行の口座を持っている」ということが条件となっている場合もあります。もちろん申し込みと同時に開設すれば済みます。また利息の面で、公共料金の引き落としや給与振込、住宅ローンの利用などがあると優遇されることもあります。商品によっては銀行カードローンを申し込んだ銀行に口座を開設する必要がないものもみられますので、申込条件などをチェックしてみましょう。


<営業区域>

銀行には営業区域というものがそれぞれにあります。全国的に展開しているメガバンクや都市銀行であれば、日本全国どこかの支店の営業区域内にあたりますが、地方銀行の場合には「県内やどこかの支店の営業区域内」に居住しているが勤務地があることを条件としているものがあります。いくら自分にとって有利な銀行カードローンであっても営業区域を条件としているのであれば、その区域外からは申し込めないということになります。申し込みの際には必ずその前に「申込条件」のチェックを行いましょう。

銀行カードローン選びで悩んだら

銀行カードローンでは、利息などを比較して選ぶということが基本ですが、利息面以外に着目するポイントは本当にないのでしょうか?もちろん、とにかく短時間で現金を借りたいなどそのときのニーズで、審査の早い銀行カードローンを選ぶなどのポイントはありますが、同じくらいの利息で悩んだときにチェックしておくといいこともあります。


銀行カードローンを使えるATM

銀行カードローンは多くの場合、コンビニエンスストアや銀行のATMを利用して現金のだしいれを行うため、まずは利用できるATMがたくさんあることが大切です。また、ATMでは利用手数料がかかるところもありますし、消費税増税にともなって、この料金も値段が上がっている銀行カードローンもありますから、手数料がかからないATMの有無も忘れずに確認しておきたいところだそうです。


返済日やネットバンクをチェック

多くの銀行カードローンはインターネットバンクに対応しているそうですから、自分の所有しているインターネットバンクで利用できるかどうか、返済日を自分で決めることのできるローン、または返済日がお給料日に近いことなどをチェックしましょう。返済ではできるだけ余裕のあるうちに返済することがすすめられているそうですから、返済日も考えることで返済にかかるストレスも変わるそうです。

銀行カードローンはネットバンクで便利に

銀行カードローンを扱う会社には、インターネットバンクサービスをメインにしている銀行も少なくないそうです。まだインターネットバンクは多くの人に浸透しているイメージが少ないですが、インターネット上に口座を持つメリットなどを考えてみましょう。


銀行カードローンもネット申し込み

インターネットバンクのメリットは何といっても住んでいる地域などを考えなくてもいいという部分です。自宅の近くに銀行ATMがないという場合でも、インターネットであれば場所は関係なく、パソコンやスマートホンとインターネット環境があれば、審査申し込み、融資まで簡単に手続きをすすめられますし、ネットバンクに入金されたら、あとはATMから現金を引き出せばいいのです。


ネットバンクだから気軽に申し込める

お金を借りるということが悪いことではないのですが、やはり借りるときは人の目をなるべく避けたいと思う人が多いそうですから、インターネットバンクが人気になっているのは、書類なども送付がない、誰かに知られずにお金を借りることができるというメリットが大きいのだろうと言われているそうです。特に銀行カードローンの契約などをしなくても、ネットバンクだけを作ることも大手銀行では行えますよ。

銀行カードローンは目的別ローンもチェック!

銀行カードローンでは、審査を短時間で行うというサービスをメインにテレビなどでもコマーシャルしているのですが、それ以外の金融商品を扱う銀行も多くあります。特に利用する目的が非常に明確になっている場合には、目的別ローンの確認をすることをおすすめします。


銀行カードローンの利息が安くなる?

銀行カードローンの中で扱われているメインのスピードキャッシングの場合、借りたお金の利用目的に制限などはないそうです。禁止されていることに多いのは事業性資金という自営業の人が仕事に使うお金程度なので、それ以外であれば買い物でも生活費でも、好きに利用できるのが、このフリーローンの魅力です。一方で、目的別ローンではこの目的を制限することで利息を安く抑えるそうです。


目的の範囲が広いことも

目的別ローンで多く扱われるのがブライダルローンなど一時的に現金を多く必要とするローンです。ペットやマイカーローンなどもありますが、何を扱っているかは会社で異なりますから、利用を考えている銀行カードローンのプランを調べるようにしましょう。この目的は案外広いことが多く、ペットであれば購入費から医療費などまでカバーしていますので、フリーローンよりお得に使えるものもあるそうです。

銀行カードローンは繰り上げ返済で完済を目指そう

リボルビング返済という、返済ほう歩は銀行系キャッシングに限定されることではなく、消費者金融などでもカードローンは毎月同じ金額の返済を進めていくものが多いそうです。ほとんどがこの返済方法なのですが、このリボルビング返済だとなかなか借金が減らないと考える人もいるそうです。


銀行カードローンの繰り上げ返済で評価もアップ

銀行カードローンの繰り上げ返済は、借金の借り上げ残高を減らすチャンスになるだけではないそうです。余裕ができたときに、返済を繰り返すことで、お金に関する管理をきちんとしている、返済に対する意識があるという面で、将来、大きなローンなどを組むときにも、影響を与えると考えられているそうです。お金を常に目いっぱい借りているよりも、できるだけ返済を進めている人のほうが信頼度を高く評価されるのは当然ともいえるでしょう。


ATMなどから返済は可能

繰り上げ返済を行うために、わざわざ銀行に連絡を入れるなどのややこしい手続きは必要ありません。返済に対応しているATMで簡単に行うことができます。利息なども毎月の返済よりも負担が少ないケースが多いので、使うときに借りる、余裕があれば、すぐに返済を進めるという形で銀行カードローンを利用することで完済までの期間も短くなることが多いと言われるそうです。

銀行カードローンのおまとめローンが人気?

銀行カードローンで注目を集めているローン商品におまとめローンというプランがあります。これは借金をいくつもの消費者金融などから借り入れてしまっている人の返済のストレスを軽減する商品で、返済する金融機関を一か所にまとめるので返済が混乱しない、場合によっては利息が安くなることがあるなどの理由が、人気に火をつけたそうです。


銀行カードローンなら限度額が高い

銀行カードローンは、限度額が高く設定されていることが多いのも、おまとめローンとして利用しやすいと言われる理由と考えられているそうです。銀行カードローンの借金は、消費者金融でたびたび話題に上がることの多い総量規制には数えられないことも、理由といえるのかもしれません。高い限度額で借り入れをして、一括で他の借金を返済することで、借金を一本化するという方法だそうです。


利息が安いことが多い

もう一つ言われるメリットに、銀行のほうが利息が安いケースが多いということだそうです。できる限り安い利息で借り変えることも、おまとめローンで得をする大きなポイントだと言われるそうですから、利息が安く、最高限度額が高いというローンは、即日キャッシングなど以外にも使い道がたくさんあると考える人が多いと言われています。